女性の悩み集:モチベーションの低下

30代女性です。30代に入り、仕事の面で20代の時には感じなかった様々な悩みが出てくるようになりました。同じ年齢でも男性の場合は、30代はまだ若くこれから働き盛りに入っていくようなイメージがありますが、女性の場合は、30代ともなるともう中堅を通り越してしまう感覚がありますので、私ももう若くないのだということを実感しています。

 

特に、私の勤め先は女性社員は結婚して辞めていく人が多く、若い人が多いので、未婚の私は少し居辛さを感じることがあります。

 

しかし、まだ結婚の予定はありませんし、転職するにしてもどこの会社も同じようなものだと思うので、踏ん切りがつきません。

 

また、今は男性社員と同じように今は働けているのですが、収入がこれから男性社員と同じように上がり、定年まで働けることはないと思うので、このまま一人で過ごしてよいのかといった不安もあります。このため、何をやりがいにしたらよいのか最近は分らなくなりつつあり、モチベーションを失っています。

 

34歳で独身という悩みがあります

わたしは34歳ですがまだ独身ということに悩んでいます。34歳という年齢はかなり微妙な年齢です。決して若くない年だし、だからと言って年を取り過ぎているわけでもなく、とても微妙な年齢なんです。

 

親からは結婚しなさいと急かされるし、結婚しないと言おうものならどういう考えをしているんだと考え方まで否定されるありさまで、まったく30代という年齢はまだ親が元気だし、兄弟も元気なのでいろいろ大変なんです。大変というのは親が元気だと親が何に関しても干渉してくるし、兄弟も現役バリバリだから兄弟とも比べられて、おまけに口まで挟まれて、そういう意味で大変なんです。

 

これから結婚をして子供も産みたいと思っていますが、そう考えると34歳という年齢は若くないだけにいろいろ急いだ方が良さそうです。子供を産むときにはきっと高齢出産になるんだろうな〜なんて考えていますが、最近は晩婚化が当たり前になってきて遅めに出産する人が増えているのでそれもいいのかも…なんて考えています。
参考:晩婚化・晩産化の状況

 

30代女未婚彼氏無し

私の悩みは結婚したいと思える相手がいないことです。
今まで何人かお付き合いをした人はいますが、浮気をされたり急に態度が冷たくなって別れようと一方的に言われたり、悲しい出来事ばかりが続いて、恋愛をするのが怖くなってしまいました。

 

私は親に恋愛のことは全く話さないので、そんな事とは知らない両親が会うたびにいい人はいないのかと聞いてくるのです。
私は正直結婚はしたいと思いますが、男性とお付き合いをするのが本当に怖くて、また傷つき悲しい思いをするのではと思うと、好意を持った男性がいても積極的にいくことが出来ません。

 

友人に相談しても、恋愛で負った傷は恋愛でしか癒されないのだから、積極的にいくべきだと言います。それが出来たらこんなに悩まないのになといつも思ってしまいます。

 

妹はすでに結婚して子どもも授かり、とても幸せに暮らしているし、弟は結婚はまだですが恋人がいてすぐにでも結婚しそうな雰囲気です。学生時代の友人たちと久しぶりに集まっても、未婚なのは私だけで話にはついていけないし色々と根掘り葉掘り聞かれるしで、最近ではお誘いも断ってしまって友人たちとも疎遠になってしまいました。

 

なんとかこの悩みを解決して、私も人並みの幸せを手に入れたいと思っています。

 

高齢出産のリスク

元々子供が好きな私は早く結婚して子供を2人位産んで。なんて理想を持っていました。なかなか縁がなく気付けば30代半ばでやっと結婚。もうその時点で高齢出産の部類には入ってしまうんだけど、旦那さんがサービス系の自営業で私は事務職な為、休みが合わず、暫くは2人の時間を過ごそうね。なんて言ってたらあっという間に30代後半になってしまいました。

 

子供が欲しいと思ってもすぐに出来るわけでもなく、考えた結果婦人科の病院へ行くことにしました。月のものも不規則な為そこからの治療が始まり、やっと整ってきたので次はタイミング合わせまできました。でも元々休みが合わない為タイミングを合わせるのも大変。その月のタイミングを逃すとまた1カ月待たないといけない。という状況ですごく焦りました。

 

仮に今妊娠しても時期的に産む時を考えると、誕生日を超えてしまうので40代になってしまう。流産のリスクも高まるしダウン症の子ができる確率も高くなったりするらしいので子供を作る事自体迷い始めてきました。周りからは40代で産んでる人もいるから大丈夫だよ。と言われても体力的に精神的に対応できるか不安で仕方ありません。

 

男性の悩み集:誰にも言えない悩みが

誰にも言えない悩みがあります。それは、セックスに自信を持てないことです。している最中に、女性が感じていないことを解かってしまいます。決して運動神経が悪いわけでもないし、手先が不器用なわけでもありません。

 

原因は、解かっています。ずばり、短小だからです。女性側が気づいて、気にしなくてもいいよと言ってくれる事があります。その言葉が嬉しくもあり、悲しくもあります。自分で言うのも何ですが、かっこよくて女性にもてる方です。

 

友達と100人切りを競っているのですが、如何せん自分は気持ち良いのですが、女性が感じてくれません。そんな事が続くと、男として自信を失ってきました。こればかりは、工夫や努力でどうにもなるものではありません。最近は、宣伝に出ているヴィトックスαという増大サプリを使おうか悩んでいるところです。大きくなったとか勃起時に大きくなる効果があるというのは、自分のような人間にとって大変魅力的です。いつか女性を満足させられたらなと思い描く毎日です。
>>ヴィトックスα

 

短小の気持ち

大きい小さいよりも膨張率だと言いますが、公共の銭湯などで短小が膨張させていたらそれこそ笑い物です。元のサイズがどれくらいなのか視線が外せなくなるでしょう。膨張率がいかにすごくとも銭湯で披露できなければ短小は隠して隠してひっそりと入りデカい汚い逸物を見せつけられるのです。

 

はっきり言って男のイチモツなど誰も見たくないので隠せと思いますね。銭湯は堂々と入るものだと思っている人も多いと思いますが、目の毒だから全員隠せ!そう思うのは私だけでしょうか。

 

デカい人は堂々と入って良いみたいなそういう問題じゃなくて「他のお客様のご迷惑になりますのでなるべく隠してお入りください」とでも書いておいて欲しいですね。社会で短小が切れるタイミングはそこだけだと思います。

 

しかし恋愛間での短小の可哀想な部分を紹介しますと、根元まで挿入しているのに「入ってる?」と質問される恐ろしさはトラウマです。私もかつてそんな経験がありました。今では良い思い出です。